育毛対策でやってはいけない5つのこと

薄毛。それは顔の薄っぺらい日本人男性にとって最大の天敵であると思います。 外国人ならいいですよ。フランス代表ジダンは格好いい。スタートレックシリーズのパトリック・スチュワートは格好いい。初代ジェームスボンドでおなじみのショーンコネリーは格好いい。なんなら6代目ジャームスボンドのダニエル・クレイグだって薄毛です。

薄毛ならジェームスボンドになれるかもしれませんが、日本人ならそうはいきません。 「日本人でも薄毛で格好いい人はいますよ!」なんて揚げ足をとってくる人もいますがそんあ人はいません!高橋克実は小太りおじさんですし、西村雅彦は「the昭和日本人顏」、笑福亭鶴瓶もオシャレはありますが格好いいとは言えないでしょう。

結論、日本人は薄毛にはなってはいけないという事です。

薄毛になればキャラチェンが求められます。中途半端に男前な顔で育った人はおそらく何も自分から話す事なく周りがちやほやしてくれていたと思いますが、薄毛になった段階で自分から積極的に話かけコミカルな動きなんかしないと見向きもしてくれない様になりますからね。 そういう意味では、日本人男性にとって薄毛阻止こそが人生最大のテーマと言えます。

薄毛阻止のためには日々できる様々な育毛対策が必要になるのですが、方法を間違えるとプラスではなくむしろマイナス効果が。。一生懸命している事がマイナスに評価されることほどつらいことはありませんよね。

主要な5つの対策で間違った方法を解説

前置きが長くなりましたが当サイトでは「育毛対策でやってはいけない5つのこと」ということで、間違った育毛対策なのにやってしまいがちなことを正すための育毛情報サイトになります。主に方法として考えられる、育毛剤、シャンプー、マッサージ、ストレス解消法についてそれぞれまとめているので、今まさに薄毛で悩んでいる方から、そろそろ育毛対策をしておかないといけないと考えている方もためになる内容になっているとおもいます。

育毛対策で最初に思い浮かぶ対策は育毛剤ですよね。 薄毛に悩んでいる方はまずは育毛剤を試すと思いますが育毛剤も事前にきちっとした情報を知っておかないと、とんでもない間違いをしていることもあります。例えば、ポリピュアというネット上では著名な育毛剤。バイオポリリン酸という特許成分を配合した万人に効きそうな育毛剤です。ところが、ポリピュアの解説サイトによると、薄毛のなりたての初期症状には効果てきめんなものの、症状が進行してしまった後に投与してもまったく効果が期待できないという時間単位で効果のありなしがきまってくるシビアな育毛剤なようです。ポリピュアのメーカー公式サイトにはこのようなことが書かれていないので、その姿勢にも問題があるのですが、育毛剤であるポリピュアという商品ひとつとってもこのような大きな見極めポイントがあります。またわかりやすく効果の事例をとりあげましたが、それ以外にも価格、信頼性という面で他の多数の育毛剤にもそのようなセオリーがあるのは当然ですよね。そこで、入り口部分である育毛剤の選び方と、効果をしっかり出すために育毛剤の使い方という2つの切り口でやってはいけないことをご紹介致します。

2つめは、頭皮に刺激を与えるという方法も漫画などで昔からよくみるポピュラーな育毛対策ですよね。 ところがこれは方法自体が育毛としては間違っているそうです。あの頭トントンはなぜ育毛対策としてNGなのか、また、頭トントン以外の効果的な刺激の与え方について紹介します。 毎日できる育毛対策としてシャンプーがあります。

シャンプー、いわゆる洗髪ですが、そもそも決まったセオリーがあるのはご存知でしょうか?ただ単にゴシゴシしているだけでは育毛にとっていいはずがありません。洗い流しからシャンプーの塗布、そして乾かし方まで、ひとつひとつの手順を追いながら間違ってしまいがちなシャンプーの方法を解説します。覚えておくだけでできる簡単な育毛対策のシャンプーの方法になるので是非ご覧ください。

ストレス解消も育毛対策の一環になります。 ストレスと育毛の関係や、育毛のためにやってはいけないストレス解消法もあるので是非ご覧ください。